9月末 個展開催します

京都二条 ONO*Space店主・コラージュ作家 おのみちこのブログ

image2
今年は少し長めの夏休館。 9月28日からのOPENとなります。
ONO*を始めて5年目となり、有難い事に作家としてお声をかけて頂く事が増えてきて
この秋から作品を生み出す方に重点を置けるようなスケジュールにしています。
その時の状況によって変化はあっても それまでの充実したスペース作りの経験を生かして
新しいことに取り組んだり創れることが有難く、今後の展開にワクワクしています。


2017十二ヵ月展DM
さて、9月28日からは 恒例となりましたコラーシュカレンダー原画展を開催いたします。

毎年製作してくださる京都のデザイン事務所さんの構成によるカレンダーも今年で4年目。
ますますいい感じの仕上がりになっていて嬉しい。
今冬1月〜2月に制作した作品9点に加え、今回は2011年に東京で開催した個展の、
初期作品より3点をピックアップしていただきました。
8月と11月は菱形の大きな作品なのですが、デザイナーさんがカッコよくトリミングしていただいて新鮮な印象。
木の実サイクル特に11月絵の『木の実サイクル』は地味ながら好きな作品なのでカバーにも使用されてお気に入り🌰🐦
秋冬季はいつも飾る作品を 今年はカレンダーと一緒にご案内できることが嬉しくてたまらない気持ちです。
そしてまた作品を通して新しい出会いがある事も楽しみに思っています。
年末までの開催。是非お立ち寄りください☆ 


コラージュカレンダー展
『十二ヶ月-Ⅳ』
2017年9月28日 木  – 12月31日 日   13:00〜19:00 月・火曜定休(祝日はOPEN)
会場:ONO*Atelier&Space  2F

今年もコラージュカレンダーを手がける機会に恵まれました。
月捲りの原画である四季折々の植物や生物、日本の情緒を古裂やリネン生地、染め和紙、金糸や刺繍糸などで描いたコラージュ作品 12点を、自己アトリエ兼ギャラリーショップ ONO*2F Space にてお披露目致します。
Space での2018年カレンダーの販売に伴い、会期中はOnline Shopでもご購入いただく事ができます。


夏休みの過ごし方Ⅱ 文月〜葉月へ

京都二条 ONO*Space店主・コラージュ作家 おのみちこのブログ


夏季休館になったら年上半期の出来事を色々とブログに書こうと思っていたのだけど、行動に移すパワーなく 頭も体も回転せずの7月でした。ほんの少し予定も遅れ気味;;
体力がないのは悔しいけど しょうがないですね。開き直ってボチボチいきます^^;

ここ最近の嬉し楽しい出来事を2つ♪♩


〜文月・夏の美術館 〜

月末は友達が車で誘ってくれて岡崎へ。

  近代美術館の『技を極める』    本展web
フィランスのハイジュエリーと日本工芸の対比的コラボレーション展でした。
繊細で精密な細工とデザイン。
大きなカットの宝石を使用したジュエリーは、デザインもさることながら、
職人の技をコレゾとばかりに見せつけているスゴさ☆

マダム紅蘭
マダム紅蘭

近代美術館へ行く前には丸太町の美味な中華に連れて行ってくれました。

マダム紅蘭
マダム紅蘭

久しぶりこんなご馳走で夏バテ解消☆〜🎶 やっぱり食べないと力出ないですからね。

 


〜 葉月始め・夏のお客さま 〜

 8月に入り ほんの少し暑さに慣れてきたかなぁ・・ と思ってきた頃
東京からとても素敵な方が訪ねてきて下さいました☆

須藤ほつみさん。
東京暮らしの頃、
作家の友人が「恵比寿のギャラリーに作品を見てもらう」というのでガーデンプレイスで待ち合わせた事がありました。友人はギャラリーオーナーに作品を見てもらった後、満面の笑みでカフェで待つ私の所にやってきた あの感じを今でもよく覚えています。
「ほつみギャラリー」
ー  私がクラフトギャラリーを巡るのが好きになった きっかけをくれたスペース  ー
友人の作品展を見て その後他の作家さんの展覧会にも伺うようになり、いつしか「ほつみギャラリー」だけでなく、東京の小さなギャラリーへ足を運ぶ事が私の東京での お決まり散歩コースになっていました。

文房具屋で育ち、商店街のある環境に慣れ親しんで育った私にとって 1つ1つ丁寧に・素朴に・純粋に作り上げられた小さな作品たちが並ぶその空間は初めて見る光景でした。

職人が手がけた熟練した工芸品ともまた違う、高飛車な芸術品ともまた違う、未知な若々しさ・素直な初々しさ・自然な美しさが、キラキラとそこにありました。
「こんな世界があるんだ‥🌟」。
その頃の私は、百貨店やモールに並ぶ既製品のデザインを手がける仕事に追われ、やり甲斐を感じていながらも どこか殺伐とした部分に疲れていたのかもしれません。
市場を見ても、幼い頃に感じたワクワク感や煌めきよりも  デザインを生み出す為に苦しい材料を突きつけられているような辛さを感じていました。
ギャラリーに並ぶ作品たちやその空間は 私の感じる「疲れ」はなに1つない あたたかみや心地よさがあり  とても癒され 救われたのを覚えています。

私にとって新鮮な世界と出会うきっかけを頂いた「ほつみギャラリー」のオーナーをされていた須藤ほつみさん。 今はギャラリーは持たず、様々な場所での展覧会企画、ライプや朗読会などのイベントのキュレ−ションをし、美しい表現の価値を伝える”場”をつくることと、空間に合わせた作品プロデュ−スを行われています。
 

お会いするのは 青山のスペースユイさんで個展を開催した時にお越し下さった以来 6年ぶり。関東でご多忙の合間を縫って私の作品やONO*Spaceを見に京都までお越しいただいて感激です。
初めて「ほつみギャラリー」にお伺いした時と全く変わらない素敵な笑顔で、作品を通してお話しして・ランチをして・ほんの少し界隈のギャラリー巡りをして。
製作に追われる暑い日々に 爽やかな風が吹き抜けたような楽しく充実したひと時でした。
🍃 hotsumi GALLERY  Diary   ー 8月5日「京都へ」も綴られています

 

ほつみさんは 東京で様々な楽しいイベントを開催されています。
最近のオススメは先日の京都巡りをお話される会↓
hotsumiカフェ  8月23日(水) 黒船カフェCOCCON(自由が丘)
月1回、美味しいお茶やスイ−ツ、お料理とともに 見たもの、感動したこと、ア−トやクラフト作品のこと、作家のことなどシェアするhotsumiカフェ。
今回は、先日行った京都旅で出会った人や作品などブログでは伝えきれていないこと、かなり楽しそうな秋の京都でのア−トイベントのことなどお話されます。

ご参加ご希望の方はHP・SNSよりお問い合わせください。
(Diary 8月8日にご案内が掲載されています)

hotsumi GALLERY website


 

少しお疲れ気味の私に 元気な方々から素敵な栄養補給をいただいた、文月から葉月への変わり目でした。
さぁ、製作に・準備にマペースに励みます^^🌟

’17夏休みの過ごし方Ⅰ

京都二条 ONO*Space店主・コラージュ作家 おのみちこのブログ


5年目のONO*Spaceも上半期が無事に終了。7月21日から夏休みに入りました。
春から4ヵ月間 4つの企画展を開催してのOPENは、昨年とはまた違う新しい出会いや発見もあり、充実した日々でした。
貴重なお時間を使ってお立ち寄り頂いた皆さま 本当にありがとうございました🌟


さて、毎年のことながらスペースは長期休館になりますが、スペース内はアトリエとして運営中。
有難いことに作品を沢山制作しなければならない事もあり、
今年は実家へ行かず 冬と同じように制作をメインに”夏籠もり時間”を過ごします。

SHIKO CO.LTD

今年で4年目になるカレンダーも順調に制作いただいている様で、
7月中旬には色校正を確認にデザイン事所さんへ。
オフィスの入り口には かわいい御所人形の祇園祭ディスプレイされていたので思わずパチリ☆

豆政 本店ウィンドウ

京都の中心地にあるONO*の周りは 7月になるとお祭りムードいっぱいになります。
買い出しに出るとソコかしこからお囃子が聴こえ、老舗のウィンドウに飾られる芸術品のような小さなお祭り飾りを堪能できる。本当に贅沢な環境です。
上の写真は一筋北の豆政さん本店。
毎年一体づつ増えるというミニチュアの山鉾は本当に繊細な作りでいつもウットリしてしまいます。

沢山の人が観覧して楽しんでいたお祭りを横目に、私といえば今年は一際
猛暑と上半期の疲れ&貧血が重なりクッタクタ〜^^;。 仕事とご飯以外は寝てるという状態。
もともと夏が苦手で子供の頃からよく倒れたりしてたのだけど 昨年から特に体が対応できてない感じ。
原因の1つに プライベート時間&制作に使用しているスペースの3Fが ホーント暑いんです!

ONO*3F 制作部屋 東側

部屋にある東西2つの窓から入る日差しと隣の屋根から来る暖熱 コンクリートの建物に吸収した熱が夜になっても取れない このなんとも言えない熱した感覚。。。
20〜30代、窓の無い湿気たアパート1F住まいが長かった私は、空が見える東窓から朝日が入る  明るい部屋に憧れていたので、念願のこの空間はお気に入り。
屋根裏部屋のような落ち着く雰囲気もあり、冬は暖かくて とっても好きなのだけど・・・

この暑さが原因で毎年熱中症寸前な感じで何とか会期を終え、昨年までは逃げるように  しばらく涼しい湖西の実家滞在していたのですが、今年はそうもいかないので窓に簾をかけて気休め涼対策などなど。
苦手なエアコンもこの夏は着けっぱなしになりそう(電気代がコワいよ〜💦)

 スケジュールでは既に制作開始している状態。はい、ボチボチですが準備しておりますー。

春から 定休日や閉店後 時間を見つけては構想と下絵を制作。
昔、花林舎の社長から「きっと役立つわよ。」と頂いた 小学館「文様手帖」と紫紅社「日本の文様辞典」は、もう20年以上も使い続けてる。
こういうのを宝物っていうんだね^ – ^。

リネン生地や古裂をパネル貼り。 好きな生地を使用するのは贅沢だけど 愛着も湧いてくる。
出来る範囲で手を動かして 夏の終わりには何点仕上がっているかな・・・

instagram 始めました。

京都二条 ONO*Space店主・コラージュ作家 おのみちこのブログ
・ご案内・ instagram始めました。


ユーザーネームは onomichiko_collage
名前の通りコラージュ作品をUPしてまいります

今月 長年愛用(?)していた携帯を i-phonに機種変更したので、何かと色々 始める事が増えております。
ピッチ10年、携帯10年。
新しい物にちゃっちゃと取り替えるのは何だか味気がない気がして苦手な私です。
ガラケと聞いて「ぷっ」と鼻で笑う人がいます。
「なんで替えないの?」と言われたりして。
(そんなにスゴく便利なのかぁ

と、使ってみたらMacが1台増えたようなもんで 小さなコンピューターを持ち歩いているような、自由でない感覚。
携帯 いやピッチの方がずっといいです(笑)。月々の基本料だってスゴくお得だし。
ライン出来ないのがそんなに迷惑かけてるのかと思ったら、何のことないメールで充分じゃないですか。
なんで?と軽く鼻で笑った人、いけませんね!新しい物に簡単に振り回されては。
フタ付き携帯をサラっと持っている人に憧れの目線。あの頃に戻りたい・・・
でも時代には逆らえない、職業柄受け入れていかなければ。
 
SNSは、自己アトリエでもあるONO*Spaceの催しをご案内する為に開設しておりますが、自分自身の事を投稿するのは何だか気乗りがせず‥ほぼ知人との交流で あまり公開していなかったのです。instagramは写真がメインなので、何となく相性を感じていて、環境が整ったら自分のアカウントを持ちたいと思っておりました😊。

これまでスマートフォンで内容をご覧いただいていた方々には 少々見にくいHPでしたが、IGは気軽に覗いて頂けそうです📷。
スマートフォンをお持ちの方 是非フォローを宜しくお願いいたします^^☆

 

 

気づけば20年〜夏のお仕事展🎐

京都二条 ONO*Space店主・コラージュ作家 おのみちこのブログ


春の個展とONO*企画展は無事に終了☆

20170515 鴨川


まだ寒い日も多かった会期中に 足をお運び下さった皆さま 本当にありがとうございましたm^^m。
スペースは1週間のお休みをいただいて、展示の準備・携帯からi-phonへの移行準備などなど。

相変わらず のんびりする時ないままに 今年の半分が過ぎました。
ゆっくりと   ほっと一息の時間を過ごせたのは、春の会期終盤に駆け足で巡ったKYOTO GRAPHIE と、橋本関雪美術館での竹内浩一先生の自薦作品展を鑑賞した時くらい。良い気候になったので、夕暮れに鴨川沿いを歩きに行ったら白詰草が歩道にいっぱいでキレイだったなぁ・・・🍀

何事も沢山の時間がかかる
そして、沢山の睡眠時間を取らないといけないので 1日があっという間に終わってしまう(苦笑)
でも充実した毎日で、寝る時は「ありがとうございます」と声を出してつぶやく。

人よりも少し弱いけど 健康で毎日スペースに立てて思ったように動ける日々が送れるなんて、
本当に感激な気持ちなんです。
幸せってこう言う事なんだなぁって心から思う☆


さて、そしてまた 夏からも素敵な作品に囲まれながら自分のお披露目もさせていただきます

Keiko Iwata Summer StandGrass'17

ステンドグラス作家 岩田けいこ さんの個展を開催させていただくのは今回で2回目。
昨年の秋冬は、とても素敵なChristmasアイテムをご提供いただきました🎄。
そして、「次回は是非  夏に開催させて欲しい」と私からお願いしました。
ジメジメ雨が多く蒸し暑い京都の夏。
岩田さんのスッキリとしたデザインライン・重々しくない作風と涼感のある硝子の風合いで、
きっと魅力的なスペースが作れると思ったのです🎐。 
岩田さんは少し戸惑われていらっしゃったのですが、トライしてみようと思ってくださったお気持ちに感謝。先日 送られてきた作品たちを拝見して、サスガの仕上がりになんとも感動しました!ONO*のスペースにとても似合う作品ばかり✨そして思っていた通り、硝子の煌めきが涼しげで夏のステンドグラスの素晴らしさを多くの方々に知って頂けそうな空間になりました。
この夏もこの空間で過ごせる事が本当に幸せで感謝😢。


 

仕事展Ⅱ夏編そして 2F Spaceでは2回目のお仕事展を開催させていただきます。
昨春は桜をテーマに京都の桜地図や 桜紀行雑誌のイラストのお仕事 花模様の浴衣・風呂敷のアートワークをお披露目したのですが、今回は夏の季節を意識して。暑中ハガキや便箋に登場する夏の風物画、金魚や花火などをモチーフにした浴衣のアートワークなどをご案内させていただきます。

仕事展Ⅱ夏編1995年の便箋のお仕事原画も。
陽に焼けてボロボロですが、私自身も気に入っているお仕事のひとつなので お恥ずかしながら飾らせていただいております。
手もとにあった製品も展示。 その他、暑中はがきや一筆箋も販売しています^^。

・・ふと気づけば 会社を辞めてフリーのデザイナーとして独立して20年が過ぎていました。
そのうちの約10年は、自慢じゃなくてマジ    めーっっちゃ めちゃ  仕事してました(笑)。
ちょっと異常なほど。 四六時中。 私のライフワークが仕事 ・ 励みが仕事 ・生きがいが仕事 ・希望が仕事 ・支えが仕事。 そして、仕事が家族でした。
仕事があったから今日まで生きてこれた と言ってもいいほど 25〜30代は”仕事人”でした。

そうしないと過ごせなかった理由があるとはいえ、人にはなかなか言えない様々な思いをしました。そして生も根も尽き果てた時、あるタイミングで不本意に帰郷となりました。その後の10年は一旦荷物を降ろして真っ白になり 自分を再生させた時期だったと、今振り返れば想います。

いつも私は「もう . ダメだ」となった時、ふっと どこかしらか助け舟が手を差し出すように流れて来きて、何とか吹き返したら「また泳ぎ出せよ」と言うように 何処かへ去って行ってしまう‥ そんな巡り合わせ運を持ち合わせているなと不思議に想います。


仕事展Ⅱ夏編
お披露目している原画やデザイン画はその頃の10年間に熟した仕事(まだまだ一部)。

でも、その作風や詩(私自身も)からは、そんな背景は想像できないかも。 “のんびり気楽に描いてマス” と言う印象だと思います。このブログを読んでいただいた方は そのギャップも想像しながらご高覧いただけたら幸いです。

人並み以上に仕事をしてきたと思うけど、それでも今の私はこんな程度なので(本当に私は凡人だなぁ)とつくづく思います。でも だからこそ、ひたすら仕事を積み重ねてきた時代を宝物にして これからは作品と人と楽しみながら過ごしていきたい これからの20年です🍀


 

和便箋『びんせんや  涼』原画 ©onomichiko
和便箋『びんせんや 涼』原画


ONO*Atelier&Space  2F Space

おのみちこの仕事vol.Ⅱ
夏編
〜紙と布〜
6月1日(木)〜6月30日(金)13:00〜19:00  * 6月7日は臨時休館
図案化・製品デザイナーとして  20年間の仕事の中より、
暑中お見舞いなどの紙製品の原画・浴衣のデザインアートワークをお披露目させていただきます。

春の個展 開催しています🌸

京都二条 ONO*Space店主・コラージュ作家 おのみちこのブログ


3月10日より 自己アトリエ全館を使用しての 春の個展が始まりました🌸🍒


1か月弱で準備するのはとてもタイトでしたが、その分 今年は多様を設けず特に集中して制作しました。
展示を始めたのは4日ほど前から。ちょうどポカポカと晴天が続いて、特別冷えるスペース内も、少しは暖かい数日に準備できてありがたい限りでした🌞

 

京都御苑展示準備の最中 香箱用のお香木を買いに山田松香木店へ。香箱を作るようになって、もう何度仕入れに伺っているかなぁ‥。
朝の陽の光を浴びて深呼吸するの久しぶり。京都御苑の梅林を通って あぁいい香り‥☺️。 
実は桜より梅が好き。
特に蕾は何て愛らしいと思う♡。
久々にお花見ができてホッと癒された瞬間でした🌸

その次はONO*のご近所でもある こちらも老舗の香りのお店 松栄堂さんを立ち寄る。3月の花の香りがするお線香をスペースで焚こうと1箱購入。寺町のルピシアでは桜&ベリーのお茶葉を。これでお客様をお待ちする準備は万端です^^


会期が始まった途端に寒の戻り。ゆったりモードのスタートとなりました。
制作と準備で少しお疲れモードだったので この間に英気を養えて良かったです🍀

 


2月に制作したコラージュの小箱と小物入れ。1F Space にずらりと並べました。
春のお便り紙製品も一緒にご紹介です🌸

苺 香箱

苺 香箱

桜 香箱

桜 香箱

フランボワーズ

そしてフランボワーズ 香箱。

Cherry小物入れ

桜桃(サクランボ)🍒

苺

木苺 小物入れ

そして フランボワーズの小物入れ。
小箱も小物入れも 好きな色と風合いの布ばかり。1つ1つ心込めて仕上げました。

Berry&Cherry

また今回は コラージュを始めて初の試み、小さな額作品を数点作ってみました。

Berry&Cherry

桜・苺・そしてフランボワーズの花輪。
お部屋にそっと飾って ホッと癒してもらえたら‥ そんな気持ちで🌸

 




2Fでは「春のコラージュ」展を開催。
3月・4月・5月。この季節にぴったりの春らしい作品ばかりをチョイスして 新作含め20点を展示しています。

 


特に『ハルジオンの花とてんとう虫』の作品は額装してのご案内。いい感じに納まってくれました^^。

 

そして、紙製品 藤の花の原画もお披露目しています。

 


 

4765sns
実家の梅枝を生けたら それだけでいい香りがして お香はまだ焚かなくても良さそうな‥。
暖かくなるまで お部屋でゆったり 来る春を楽しんでいただきたい そんな気持ちの春展です^^。


*個々の作品のご紹介は会期中随時更新の ONO*Blogを是非ご覧ください。

_____________________________
onomichiko Solo show 
『 Berry&Cherry -ベリー&チェリー- 

2017年3月10日(金) – 4月16日(日) 
13:00〜19:00 月・火曜定休(3/20 祝日はOPEN)
会場:ONO*Atelier&Space
〜自己アトリエ全館を使用しての春個展です〜
1F Space コラージュ小品展 『Berry&Cherry』
 〜布小物入れ・香箱・アクセサリー・紙製品〜

 苺・ラズベリー・桜をモチーフにしたコラージュ小作品展
2F Space  常設展示 春のコラージュ
 この冬制作した新作含め 20点を展示致します。
 

冬休みの過ごし方。8 春の準備Ⅱ

京都二条 ONO*Space店主・コラージュ作家 おのみちこのブログ

冬休みはあと2週間、3月10日からのOPEN準備作業の毎日。
ポカポカ春めいては来ているものの、まだまだ寒いので籠るには良い気候。時折雨も降り、制作に入ると集中できて  いい感じ。相変わらず1日が  あ!っちゅう間に終わってしまい、めまぐるしくて ご飯の事以外は何も考える暇がない。
睡眠時間が長いのも問題なんだけど‥😪 寝る事とおやつが無いと元気が出ない私、最近はパンケーキやフレンチトーストを作り置きしてパクついとります^^。
昨日TVをつけていたらオザケンが20年ぶりにMステで歌っていて(まぁ なんて懐かしい…)と、夜はずっと鼻歌がオザケンになってしまった♬。「恋とマシンガン」「それはちょっと」とか、「カローラⅡに乗って」のCMが好きでした。   Oh baby oh baby oh baby oh baby oh love me〜♪ 
宇多田ヒカルちゃんの「今夜はブギーバック」もいいです。
私と同じ誕生日なんですよね…でも 順境に生まれ 今は桃源郷に居る、私とは全く違う境遇とアビリティの人という印象。chargeしていた人がふとマイペースに姿を見せると(自分もそんな感じで行きたいなぁ)と何だか嬉しくなる。 

————- ————— ————– ————– ————– ————– ————– ————— ————– ————–

さて春の案内状が刷り上がり ますます気合いは入ります☆
今回は、4月20日からの雑貨アーティストPuku*さんの個展も含めた2ヶ月間の春イベントを開催します。

Puku*さんは 東京に住んでいた頃 知人の紹介で自由が丘のギャラリーで開催していた銅版画の個展に伺ってから親しくさせて頂いている女性。ONO*では今回で2回目の個展を開催させていただく事になりました。
お部屋で使ってもらえるコラージュの小箱や小物入れと対照的に、ボストンバックやポーチ、PCケース、スマフォカバーなど、持ち歩き用の布雑貨を多くご提供下さるので この春のテーマは「春のくつろぎとお出かけ」としました。
2F Spaceでは それぞれ作のアートな展覧会を🎨。 あぁ楽しみだなぁ・・・。

 

『 Berry&Cherry -ベリー&チェリー-  2017年3月10日(金) – 4月16日(日)
1F Space コラージュ小品展  Berry&Cherry 〜布小物入れ・香箱・アクセサリー・紙製品〜
2F Space  常設展示 春のコラージュ展 この冬制作した新作含め 20点を展示致します。
(詳しくは information Page 又はONO*HPへ)


HPの TOPに 出来立てほやほやの作品をUP。花輪の作品は0号と小さなサイズ。「さくら」「いちご」「ラズベリー」3点額装して飾ります。

————- ————— ————– ————– ————– ————– ————– ————— ————– ————–


<コラージュ作制作風景>

苺の香箱🍓
香箱も花輪デザインを作ろうと思ったけど… 結構大変💦

 


写真の右上に写り込んだのは20年以上使っているブルーナのライオン道具入れ☀️。特別な気持ちでもなく買ったお揃いのペンケースとカードケースとポーチ。どんなに乱暴に使っても全く壊れないので いい加減ちょっと雑多になっていた。先日ディックブルーナの悲報があった時に、あらためて ずっと愛用している小物が身近に多い事に気付く。子供の頃 母に連れられて行った近くのお医者さんの待合室にあった うさこさんの絵本も大好きだった。いつも側に何となく寄り添ってくれているブルーナ。 そんな特別ではない日常の 自然に側にいる存在っていいなぁ と思う。 

苺 香箱


 

苺🍓の小物入れ。

布小物入れは2回目のお披露目という事で メイファさんも一段と手慣れた仕上がりのように思います。
今回はメゾンデコールさんの生地を多めに使用。コラージュなくても充分良い高級素材の作品です🌟

 


 


「雨のフランネルフラワー」
湖西のアトリエに居た頃 育てていたフランネルフラワー。
未完成だった作品を 今回額装展示しようと思い立ち 手直し フランネルの風合いを表現するために薄和紙を何枚も重ね貼りした花びらと葉っぱ。 何となく その日の空みたいに雨をふらしてみる☂💧。
ボックスタイプの額におさめる時は、大切な小箱に入れるような気分。立体的な影や素材感、光の魅力を更に出したくなる。

 

フランネルとてんとう虫
てんとう虫も雨宿り::🐞💠:::

 雨のフランネル

はい いい感じに仕上がりました。額装が楽しみ🎶

 

こうして2ヶ月も制作の日々を送っていると コツコツ作り上げる充実感にハマりきってしまうので、次はOPENへの切り替えが大変になる;;。作品をお披露目し、様々な気持ちの人に対応するのかと思うとドキドキして想像するだけで気後れして疲れ「ずっとこうして作っていたい」と思ったりする。でも いざ企画展が始まると、今度はお客さまとのコミュニケーションの楽しさや、”作品と人との橋渡し役”という立場の大切さややり甲斐を実感し「このままお店だけやっていけたらいいのに‥」と、孤独に作る作業を億劫に感じてしまうのだけど(苦笑)。
恐れ乍ら、どちらも好き。 多分、様々な立場に立つ どちらも兼ね備えた状態が自分に一番合っているのではないかなと思う。まだまだ勉強中でございますが。
作るモードと接客モード 相反する場所を行ったり来たりする切り替え作業に早く慣れていきたいなぁと思う。

 


 

 

冬休みの過ごし方。7 – 作品寄贈とお嫁入🍀 –

diary5


京都二条 ONO*Space店主・コラージュ作家 おのみちこのブログ

 

今日は、今年に入って手もとから旅立った作品のお話。


 


今年のカレンダー1月絵『繭玉飾りと酉』
滋賀県にお住まいの方への新築のお祝いにと お買い上げいただきました。

繭玉と酉木地の枠におさまり、少しオスマシした様に見える鶏🐔

 


 

 

こちらも2017年カレンダーに使用したコラージュ作品『枝垂れ桜と雀』。
カレンダー表紙と4月絵として活躍してくれました。昨春ONO*で開催した『桜』展にお越しいただいた女性と お嬢さんが、この作品をとても気に入って下さって購入を即決☆ ご自宅のお部屋に飾って下さるとのことでしたので、ナチュラルで優しい木地の額装にしました。

 

2772sns

その後 年末まで開催していた『十二ヶ月』展では 額装した状態でお披露目させていただきました。
春から長い間お待たせして ようやく先日お渡しする事ができました。

————–*————–*————–*————–*————–*————–*
自身の個展では、観て頂くお客さまにはコラージュのリアルな素材感・立体感を感じて頂けるようにと、額装せずそのままの作品をご覧頂く事に拘ってきています。
お買い上げのご希望があってから立体額に仕立ててお渡ししているのでしすが、お待たせもしてしまいます。

 

コラージュ制作をスタートして7年ほどになり、こうして少しづつ作品をお気に入りいただいてお持ち帰り下さる機会があると、コラージュをお部屋に飾れる気軽なアイテムとして提案していけるようにも考えて行けたらなと思い始めています。
”使って楽しむコラージュ製品”として「香箱」や「小物入れ 」をご提案していますが、   ”飾って楽しむコラージュ作品”としても。

 

額装を構想する機会があまりなかった私なのですが、なかなか楽しいものなのでしょうね
まだまだこれから色々と 鍛錬も必要です☆


 そして今日は 京都タカシマヤ7Fにて開催されている『芸術家と文化人の作品展』へ。
アトリエにへお越し下さったスタッフの方にお声をかけていただいて 昨年より提供させていただいているチャリティーイベントへコラージュ作品を観に😊

ニッコー『芸術家と文化人の作品展」は、毎年京都の百貨店にて開催される、途上国や災害被災地への支援を目的としたイベント。沢山の作家さんや文化人からの寄贈作品が 展示されています。オークションで得られた収益金は、途上国支援の活動を展開する京都の国際協力NGOへ寄付されるそうです。

カレンダーの為に制作したコラージュ作品 『タンポポと綿毛』『蓮とメダカ』の4点は素敵に額装されてお披露目頂いていました☆

20170216 @TAKASIMAYA
やはり額におさまると落ち着きがあり、お部屋に飾りやすい雰囲気に変身しますね^^✨  手放したものの、自分の部屋に欲しくなってきたりして…(笑)

 

 27回HP用画像

毎年京都の百貨店にて開催される、途上国や災害被災地への支援を目的としたチャリティ・オークションイベント『芸術家と文化人の作品展』。オークションで得られた収益金は、途上国支援の活動を展開する京都の国際協力NGO・日本国際民間協力会(NICCO・ニッコー)に寄付されます。

 私は これまで制作したコラージュ作品の中から4、5点ほど寄贈させていただきます。 他には 京都はもちろん、関西や全国の芸術家、文化人、そしてスポーツ選手・芸能人の方々の寄贈作品をご高覧いただく事ができます。京都高島屋へお買い物の折りには是非お立ち寄りください☆

芸術家と文化人の作品展
場所:京都高島屋 7階グランドホール

会期:2月16日(水)〜19日(日)

冬休みの過ごし方。6 -春の準備-

京都二条 ONO*Space店主・コラージュ作家 おのみちこのブログ

2月に入り、ようやくスペースOPENに向けての準備に集中の毎日。
3月は自身の個展、そして4月後半からGWにかけては雑貨アーティストさんの個展が待っています。
制作だけじゃなく 作家さんへのサポートは片手間では出来ない仕事。身を引き締めなくては…。

————- ————— ————– ————– ————– ————– ————–

今春もアトリエ全館を使っての個展をいたします。

『 Berry&Cherry -ベリー&チェリー-  2017年3月10日(金) – 4月16日(日)
1F Space コラージュ小品展  Berry&Cherry  〜布小物入れ・香箱・アクセサリー・紙製品〜
2F Space    常設展示 春のコラージュ展 この冬制作した新作含め 20点を展示致します。
(詳しくは information Page 又はONO*HPへ)

————- ————— ————– ————– ————– ————– ————–


<コラージュ作制作風景>
開催まであと1ヶ月 小さな布製の小品を中心に制作して行こうと思っています。今年は遅めの準備スタートにも関わらず、開催が1週間早いので・・・😓おっと、焦ってはいかん💦と 自分に言い聞かす毎日。

布小物入れラズベリーの布小物入れ🍓。
昨年秋に初めてチャレンジした布小物入れの春バージョン。この春も、メイファ雑貨店さんとご協力の元、数点お披露目できることになりました^^✨。 昨秋お披露目した時に「カバン?」と思われた方が多かったのですが、これは室内で使う置く小物入れ。窓辺やカウンター、机などに置いて小物を出し入れする雑貨です。もちろん家の中でバック替わりに持ち歩いて頂いてもOKです☆神戸の『メゾンデコール』さんで購入したツイード生地とコード。素敵な素材は制作テンションも上がります。

 

香箱

ラズベリーの香箱🍓
アトリエOPEN以来、4回目となる香箱展示。小さな実を1つ1つカットしながら、お気に入りの生地で貼り箱屋さんに作っていただいた布小箱に貼り合わせていく。

小さい作品は繊細さが生きてくる。
なるべく観て楽しい小箱に仕上がるように 丁寧に 心こめて。

  IMG_4046昨春開催した『桜』展では このサイズの香箱が完売🌸 本当に有難い気持ちです。
この春も なるべく作りたいと思います😌

 


今回は、小さめの額装も数点制作中。
お部屋や廊下、窓辺や本棚などに 小箱や小物入れと一緒に飾っていただけるような額作品をご案内できたらなぁ と思っています。

IMG_4089

苺🍓の花輪。

いつか、花輪やサークルデザインでコラージュを描いてみたかったので この機会に^^。

 

桜 花輪
これは桜のサークルデザイン🌸。蜂がワンポイント^^。 
1日本画パネルに貼り合わせ。側面にもコラージュ。ビーズを貼って仕上げ☆
1作品に使う時間がとても長いので、どれだけ作れるか解りませんが、時間の許す限り制作していきたいです。


3月からの1ヶ月間 皆さん是非遊びに来てくださいね🎶

 


 

 

冬休みの過ごし方。hibernation in – 冬ごもり中 4-

京都二条 ONO*Space店主・コラージュ作家 おのみちこのブログ

 最近  製作中のBGMは、ラジオドラマや朗読・落語などが多くなった📻。物語を観たくなるのだけど映像を観ると手が止まってしまうので、好きな役者さんや芸人さんの声で配信されている物語や随筆、エッセイなどを選んで 聴きながら制作するのが好きになってきた。そうすると、活字が苦手な私には(最適な栄養補給手段だな)と気付き、これからはレーゼドラマにハマりそうな予感がしている…。耳から入る映像は、様々に想像を膨らませてくれて楽しい。笑ったり・泣いたり・頷いたり。昨日は、市原悦子さんの朗読を聴きながらポカポカと心地よくなり、いつのまにかピンセットを持ったまま うたた寝してしまった😪(苦笑)。


さあ、ようやくカレンダーの為の制作も終盤。先日は制作いただいているデザイン事務所さんへ仕上げた作品を無事納品してスッキリ…😌です。

<コラージュ作制作風景>

12月コラージュ 雪文様 制作過程1 2017.1.21

12月のコラージュ🌲。 細かくて時間のかかる作業に取りかかる。


近くにあるリネンショップで購入した お気に入りの生地。ピンク系の赤とパープル2色の染糸で織られた風合いがとても魅力的♡。縦糸緯糸の線が見える生地は、コラージュに使用すると繊維感が伝わるので、私自身制作する時は特にテンションが上がる。
松葉を刺繍糸で作り始め、

 

12月コラージュ 雪文様 制作過程2 2017.1.21

 

笹の地模様が入った着物の端切れで南天の葉を。 そして、染め和紙で松ぼっくりに見立てて置く🌰。それぞれの異次元な素材が合わさって面白くなる。

12月コラージュ 雪文様 制作過程3 2017.1.23


雪文様を作る。着物の端切れやリネン生地を✂で雪輪にカット。
呉服に使われていた端切れには ほとんど地模様や独特な染めが施されているので、色々と組み合わせて貼ると奥深い表現が出来る。

12月コラージュ 雪文様 制作過程4 2017.1.22

雪輪の中に雪文様を装飾❄️ 糸は直線を描く時にも、とても有難い存在。
日本の文様の「雪」は本当に繊細で美しく、魅了的なデザインなので、いつかコラージュしたいと思っていたモチーフの1 つ ❄︎・.・: : ❄︎ ❄︎ ・ ❄︎ ❄︎ ・❄︎ ❄︎ ・❄︎ ❄︎ ❄︎ : :・.・❄︎
刺繍糸やビーズ、和紙を使って六角形の結晶に描いていく。 結晶は、青山で開催した個展『Daily Life』での作品モチーフ。インテリアファブリックや風呂敷の図案の仕事をしていた頃からもよく使った 私にとっては身近なモチーフなので 久々に描くと懐かしい気分が湧いて来る。

 

12月コラージュ 雪文様 制作過程5 2017.1.23


手持ちの様々な色や形、大きさのビーズやスパンコールを貼る。ちょうど外は雪がちらちらと降り、気分もUP❄️⛄️❄️ 

12月コラージュ 雪文様 制作過程6 2017.1.23

 
ムク鳥をコラージュ🐦。 本来ムクはチャコールグレー、ベージュのような色合いなのですが、全体の色合いに合わせて暖色系にアレンジ。クリームとオレンジ色の布を貼る。

12月コラージュ 雪文様 制作過程7 2017.1.24


羽ばたき寄り添う感じ。 コットン布・染め和紙・刺繍糸を使って。

 

12月コラージュ 雪文様 制作過程8 2017.1.25


いよいよ仕上げ。 松の雄花と南天の実をビーズで貼り合わせる。松の雄花には、青い雫形のビーズ、南天の赤い実も丸い雫の形のビーズを💧💧💧

 

 

12月コラージュ 雪文様 制作過程9 2017.1.25


12月の京都のイメージ。
和の魅力を醸し出す街はクリスマスムード一色となり、山や川では鳥達が冬支度で忙しない。人々は、お正月準備に追われて師走の空気が漂っている…それが私の感じる京都の12月🌲。
今と昔の融合・和と洋の融合を表現できたら嬉しいです☆

 


 

9月コラージュ 桔梗と月 制作過1 2017.1.26

9月のコラージュ🌕。
何ともいえない日本らしい色。深みのあるボカし染めが魅力的な着物のお襦袢用生地をパネル貼りし、染め和紙を貼っていく。

 

 

9月コラージュ 桔梗と月 制作過程2 2017.1.27
IMG_3991
9月コラージュ 桔梗と月 制作過程3 2017.1.28

 

刺繍糸で花線や蕊、葉脈を描く。 桔梗の風船の様な はち切れんばかりのまん丸な蕾が大好き🎈 

9月コラージュ 桔梗と月 制作過程4 2017.1.29

 

今年は着物の生地を何種類か好んで使う。霞の形に切り取られた青海波(せいかいは)の地文様部分を丸くくり抜いて月に見立てます🌕。・・・初秋の月と霞を印象付け。純白に白い絹糸で繊細に織られた文様って、微かに見せる控えめな美を感じ、本当に魅力的に思う。

9月コラージュ 桔梗と月 制作過程2 2017.1.29
9月コラージュ 桔梗と月 制作過程5 2017.1.29


夜露ビーズを貼って仕上げ🌟 夏が終わる哀愁感。夏と秋の境目である月の曖昧な空気感が伝わるといいなぁ

 


 作品制作が終盤になり、昨年オーダーいただいた香箱の制作に ようやく着手。

香箱 木蓮

 木蓮の香箱を制作。 白木蓮と紅木蓮を細長いタイプの小箱で とのこと。 地模様の入ったベージュの裂地で拵えた小箱に白木蓮、純白のリネン生地で紅木蓮をコラージュ。

基本的に作品のオーダーは お待たせしてしまうという事と、お客さまがイメージされている通りに仕上がらない事の方が多いので あまりお受けしていなんです…昨年は大小の香箱4点のみ。

香箱 木蓮

大学で日本画を専攻していた頃に描いてみたかった私も大好きな花「木蓮」。
ご希望を聞いて直にイメージが沸いて、早く制作できる日が来て欲しいと思うくらいでした。 仕上がりは思っていた以上の満足感。私自身も欲しいくらいにお気に入り^^♡


香箱 秋桜
もう一つの ご注文香箱「秋桜」にも取りかかる。
2年前ホールマーク社より発売された便箋の原画のイメージで香箱サイズにデザイン替え。秋桜は葉っぱが細くて繊細なのでカナり大変なんです💦

香箱 秋桜

出来上がった秋桜香箱を 嬉しかったのでお天気の良い日にスペース2Fで撮影📷。

香箱 秋桜ピンクと白の秋桜が風にゆれて🍃

香箱 秋桜

純白のリネンに染め和紙・刺繍糸。こちらも木蓮に合わせ、なかなか満足な仕上がりになりました🌸

ようやく一段落…ついている暇はなく、今月からは春の企画展準備に入ります。花の開花時季、温かくなる頃に また沢山の方とお会い出来る様に^^♪